JR東日本の利用は主に週末になりますが、今日に至るまで実にユーモアな体験をしています。

毎年4月上旬から中旬にかけてJR東北本線では、全国的に有名な一目千本桜を見るためにその区間は低速で運行をしてくれます。
桜開花の時期でも運賃は通常と変わらないため、電車内で駅弁を食べながら花見ができる贅沢なシーズンになります。
また、この期間は地元利用客に限らず全国のお客さんが集まるシーズンです。
車窓から見える桜並木は絶景で、電車マニアの方も桜と電車のコラボを撮影する事で喜ばれています。

更にJR東北本線の車掌もユニークな方が多く、駅構内のアナウンスをラップ調で案内したり、中には極度の上がり症で声が震えて何を言っているか分からない車掌も何度か見かけています。
基本的にJR東日本に限らず私の場合は、全国各地の電車を利用した事がありますが、特にJR東北本線の車掌さんは個性が強い様に思われます。

以前に仙台発の電車を乗るためにホームで列を作って待っていた時の話ですが、後から来た中年の男性が列へ並ばず前方横に待機していました。
要するに横入りする前兆とも言えますが、その後電車の扉が開きその中年の方は早速横入りをしながら車両内へ入って行きました。
これを見逃さなかった車掌さんは、即座にその中年男性の所へ詰め寄り説教を始めました。
その後車内の座席は埋まり満員状態になりました。
説教された男性は渋々他の人へ席を譲り立ち上がる事になりました。
結局車掌さんの正義ある行動が勝った様でその車掌さんも勝ち誇った様な表情をしていました。
車掌さんの正義はこれに留まらず若い未成年風の2人がタバコを吸っている時も、真剣にその子供達を注意している姿も見た事があります。
その時は自分の子供を叱る様な感じで真剣に子供達に話を聴かせているのが印象的でした。

その他にも、仙台はプロ野球球団楽天イーグルスがありますが、野球観戦に他県から集まるお客さんも多くいます。
その方たちに分かりやすく電車の乗り換えが出来る様に、試合のある日はそれに合わせた車内アナウンスや駅構内の掲示板を張り出して親切な対応もしてくれます。
特に子供連れの家族に対しては、楽天のプチ情報などを子供に教えたり、勝ち試合の帰りの電車ではハイタッチをする車掌さんまでいます。

この様にJR東日本特に東北本線はその行事に合わせながら、面白い企画を行い時には人情ある車掌さんが電車を利用するお客さんを楽しませてくれます。

Copyright© jr株買い方.com , 2017 AllRights Reserved.